近視Top >  110視力回復手術の種類

110視力回復手術の種類

【視力矯正手術の種類】強度近視にはさまざま原因とそれに対する治療法と改善策があります。選択肢を数多く知ればそれだけ対応策も幅が広がりますので、強度近視およびに近視治療の【知識を増やす】ことが重要となります。

110視力回復手術の種類一覧

レーシック(LASIK)

裸眼でものを見たいという人を中心にレーシックで視力矯正する人が増えています。

PRK手術

レーシック以前から行われていたレーザーによる視力矯正手術がPRK手術です。

イントラレーシック(Intra LASIK)

イントラレーシック(Intra LASIK)は高度医療用のレーザー(エキシムレー...

ウェーブフロントレーシック(Wavefront LASIK)

より鮮明でクリアな視界をもとめる人にはウェーブフロントレーシックです。

エピレーシック(Epi-LASIK)

エピレーシックはレーシックで不適応と診断された人でも施術が可能です。

ラセック(LASEK)

アルコールを用いて薄いフラップを作るレーシックの応用手術です。

フェイキックIOL(有水晶体眼内レンズ)

視力回復手術としては最後の手段となるのがこのフェイキックIOLです。

RK手術

視力回復手術の元祖がRK手術です。現在でも施術されることはあるようです。