近視Top >  110視力回復手術の種類 >  エピレーシック(Epi-LASIK)

エピレーシック(Epi-LASIK)

エピレーシック(Epi-LASIK)は高度医療用のレーザー(エキシムレーザー)を角膜に
照射して屈折を矯正する視力回復の手術です。

エピレーシック(Epi-LASIK)と通常のレーシックの違いはフラップ作成をする際に
エピケラトームという専用の医療器具を使うことにあります。


エピケラトームは歯がプラスチックのようなもので出来ていて、先も尖っておらず、
深く切るのではなく角膜上皮とボーマン膜との間で上皮を剥がすように働きます。


エピレーシックではフラップを薄く作成できるため、角膜の厚みを十分に残すことができ
レーシックでは不適応であった角膜の薄い人や強度近視の方にも施術が可能です。


エピレーシックと同様に非常に薄いフラップを作成する視力回復手術としてラセックが
ありますが、ラセックがアルコールを使用することによる目のトラブルが考えられるため
現在ではエピレーシックの方が多く行われているようです。


エピレーシックはフラップを薄く作成するので、角膜上皮の再生が早く、強い衝撃を
受けてもフラップがズレないので、体の接触がある激しいスポーツや、格闘技などを
する方にむいている視力回復手術だといえます。


エピレーシックの手術方法としては目に麻酔をかけ、固定した後は角膜上皮に印をつけ、
エピケラトームという機器でより薄いフラップを作成する。


フラップをめくり上げ、エキシマレーザーを照射し、屈折力を調整します。目を洗浄、
消毒後はもとの位置にフラップを戻し、保護用コンタクトレンズを装着して終了です。


エピレーシックは安全性に関しても特に問題はなく、角膜の薄い人・強度の近視の人も
施術できるなど利点がありますが、実施できる眼科クリニックが少ないこと、新しい
技術のため今後何かトラブルが発生するかもしれないリスクがあります。

--------------------------------------------------------------------------------------

角膜の構造

角膜は外側から上皮細胞、ボーマン膜、角膜実質、デスメ層、角膜内皮細胞の5層構造
になっています。

上皮細胞がフラップに関わる部位、角膜実質がレーシックなどで、エキシマレーザーを
照射する部位(手術で切除した場合再生はしません。)一番内側の角膜内皮細胞が
コンタクトレンズの装用によりダメージを受ける部位です。

強度近視 関連エントリー

 | レーシック(LASIK) | 
 | PRK手術 | 
 | イントラレーシック(Intra LASIK) | 
 | ウェーブフロントレーシック(Wavefront LASIK) | 
 | エピレーシック(Epi-LASIK) | 
 | ラセック(LASEK) | 
 | フェイキックIOL(有水晶体眼内レンズ) | 
 | RK手術 |