近視Top >  110視力回復手術の種類 >  レーシック(LASIK)

レーシック(LASIK)

レーシック(LASIK)は、角膜の表面を削ってフラップを作成して、あらわれた角膜
実質層に高精度の医療用レーザーであるエキシマレーザーを照射し、屈折を矯正する
ことで視力を回復させる画期的な眼科手術です。

レーシックが従来のエキシマレーザーによる視力矯正手術に比べて画期的であったのは


PRK手術のように角膜表面をレーザーで削りとらずに、「フラップ」という蓋のような
ものをまず最初に作成してから、角膜実質層にレーザーを照射後、その蓋を元に戻すと
いうやり方をすることです。


このフラップで蓋をするおかげで、レーザーをあてた角膜の表層部が手術後もむき出しに
なることがないため、痛みもほとんどなく、回復も早いため両目を同時に手術することが
可能になりました。


レーシックの手術自体も10分ほどで終わり、術中・術後と傷みもほとんどなく、術後
すぐに視力が回復していることが実感できるのがレーシックの驚異的なところです。


レーシックの手術方法としては点眼薬で目に麻酔をかけた後、マイクロケラトームと
いう医療器具で角膜の表面を削り、フラップをつくります。


フラップをめくり、エキシマレーザーを照射して屈折を矯正したあと、目の洗浄・消毒
を行い、フラップを元の位置に戻して、自然に密着させます。


レーシックの手術そのものは比較的安全なもので、入院する必要もなく手術自体も
短時間で終わり、痛みもほとんどといっていいなど、良い点ばかり挙げましたが、


レーシックの問題点は保険が利かず、非常にお金がかかる手術であること、レーシック
の手術を受けられる人に制限があること、予後についての長期的な情報がないため、
(10年のデータはありますが)30年、40年後にどのような状態になるのかが、
はっきりしないということなどがあります。

強度近視 関連エントリー

 | レーシック(LASIK) | 
 | PRK手術 | 
 | イントラレーシック(Intra LASIK) | 
 | ウェーブフロントレーシック(Wavefront LASIK) | 
 | エピレーシック(Epi-LASIK) | 
 | ラセック(LASEK) | 
 | フェイキックIOL(有水晶体眼内レンズ) | 
 | RK手術 |