近視Top >  050強度近視と目の病気 >  白内障

白内障

白内障は目の疾患のひとつでレンズの役目を果たす眼球内の水晶体が灰白色ににごり、
そのため物がかすんだりぼやけて見えたりするようになることです。

白内障は現代医学では一旦発症すると元には戻らないものといわれています。発症は
中年ごろからみられ、年齢を重ねるにつれて割合が増加するため病気ではなく一種の
老化現象だと考える説もあります。


高齢者のほとんどが何らかの形で白内障の症状を引き起こしているといわれますが
進行の速さには個人差があるため、特に白内障の自覚症状がないという高齢者もいます。


強度近視の人の場合は個人差もありますが、通常より早く白内障が起こりやすいと
いわれています。


【正常な視力の人→軽・中度の近視の人→強度の近視の人】といった順に白内障を
発症するスピード、割合が高くなります。


白内障は発症するとます視界に霧がかかったようになり、次第に視界が白濁してきます。

軽度の白内障の場合は薬により進行を抑えたり、眼鏡・コンタクトレンズで矯正しますが
進行が進んでしまっている場合は水晶体の白濁を除去して眼内に人工のレンズを挿入する
外科手術を必要とします。


■ 白内障を予防する手段としては

・バランスのよい食事を心掛けること、生活習慣病が白内障の原因となります。

・強い紫外線や可視光線をサングラスなどを着用して避けること。


■ 白内障を予防すると言われる食品

・ビタミンE  アーモンド、すじこ、植物油、大豆、玄米など
・ビタミンB2 うなぎ、レバー、納豆、鶏卵、いわしなど
・ビタミンC  アセロラ、モロヘイヤ、柑橘類など

強度近視 関連エントリー

 | 飛蚊症 | 
 | 網膜剥離 | 
 | 緑内障 | 
 | 白内障 | 
 | 黄斑部変性症 |