近視Top >  090視力のメカニズム >  近視とはなにか

近視とはなにか

近視とは、一言でいうと遠くを見たときに、網膜よりも手前に光の焦点が結ばれて
しまうことでピントが合わず、ものがぼんやり見えてしまう屈折異常のことです。

物を見るときは正常であれば調節の働きによって眼の屈折が絶えず変化します。


正視の眼であれば遠くのものを見るときも、近くのものを見るときも網膜上にぴったり
ピントがあいますが、正常とは異なる屈折状態であるときはこれを屈折異常といいます。


現代人に一番多い屈折状態が近視であり、近くのものはよく見えるが、遠くのもの
はボヤけてみえないというのが近視という屈折異常の特徴です。


近視の場合、目に入ってきた光が、網膜に届く前に焦点を結んでしまいますが、これは
外からの光が角膜と水晶体で屈折される力が強すぎるために起こります。


■ 近視の種類

近視といっても色々なタイプのものがあります。ひとつひとつ紹介しましょう


・仮性近視

仮性近視は成長期の子供に多く見られるもので、偽近視や調節緊張性近視と呼ばれる
ように一時的に調節能力が失われ視力が低下する状態です。

環境的要因が原因であることがほとんどなので、早期発見後、テレビゲームを控える
遠くを見るようにする、姿勢を正すなど生活態度を改善するともとの視力に戻ります。

眼科に行けば調節麻痺剤(ミドリンM))による点眼治療が行われることになります。


・真性近視

毛様体筋の緊張が固定化してしまい、常に水晶体が膨らんだまま、もとにもどらない
近視の事を言います。仮性近視をそのまま放置しておくと真性近視に進行します。


・軸性近視

軸性近視は眼球がラグビーボールのように楕円形になってしまうことで角膜から
網膜までの距離である眼軸が前後に長くなり、網膜に焦点が合わなくなる状態です。

生まれつき視力が悪い人の場合はこの軸性近視であることがほどんどです。

軸性近視は強度の近視であり、 網膜が引っ張られている状態なので網膜剥離が
起こりやすいといえます。


・屈折性近視

屈折性近視は屈折力が強すぎるため網膜上で像が結べない場合に起こります。
後天的な近視のほとんどはこの屈折性近視といわれています。

屈折性近視を放置して重度化させた末に軸性近視に発展することもあり、緊張の続く
毛様体筋などに血行不良が起こり、また眼球運動が著しく減少したために、眼球を
支える外眼筋の力が弱まってしまい眼球が薄く伸びてしまうのです。


パソコンや携帯電話のメールなどが社会に浸透して現代人はさらに近くのものに焦点を
あわせる生活を強いられ、近視の人々の数が益々増加傾向にあります。

強度近視 関連エントリー

 | 眼の構造について | 
 | 眼のしくみと働き | 
 | 近視とはなにか | 
 | 遠視とはなにか | 
 | 乱視とはなにか |