近視Top >  090視力のメカニズム >  眼の構造について

眼の構造について

「物が見える」・・・眼の構造はよくカメラの構造に例えられることが多いですが、
その詳しい構造をここでは紹介しようと思います。

眼という視覚を司る器官は、眼球とその周辺の複数の器官、そして脳につながる視神経
とからできています。

眼球は外膜と、レンズの役をする水晶体や硝子体などの器官に大別されます。


外膜は三重構造になっており、外側から


・強膜

眼球の外側にある白い不透明なかたい膜で、俗に白目といわれる部分です。


・脈絡膜

強膜の内側にあり、瞳孔以外から余分な光が眼球の中に入ってこないようにしています。


・角膜

眼に入ってくる光線を通過させ屈折して、眼球内に光を送ります。凸レンズの役割を
担い、眼底にピントを合わせることをおこないます。


となっています。 その他の眼の構造上重要な器官としては

・虹彩

虹彩は日本人の多くの場合外から眼を見て黒目の茶色に見える部分で、中央部分には
瞳孔があります。瞳孔は強い光に対しては縮小し、暗いところでは散瞳して眼球内に
入ってくる光の量を加減しますが、これは虹彩の働きによるものです。


・毛様体

毛様体にある毛様体筋という筋肉の働きによってチン氏帯と呼ばれる細い繊維を通じて
水晶体の厚さを変えて網膜にピントのあった像を映し出す働き(=調節)をします。

また毛様体は角膜や水晶体の栄養に必要な房水を産生する働きもあります。


・網膜

瞳孔を通して送られる光を感じて像を結び、視神経を通して脳に情報を伝えます。


・水晶体

カメラでいうレンズの役割をもち、毛様体によって厚さを変えられて網膜にピントを
調節する働きを持っています。白内障はこの部分が濁った状態になることで、老眼は
老化により水晶体の弾力性がなくなり、近いところにピントが合いにくくなることです。


・結膜

まぶたの裏側の粘膜のことでこの粘膜の出す粘液で眼球運動やまぶたの開閉が
なまらかになります。結膜は眼瞼結膜、結膜円蓋、球結膜の3部に区分されます。


・硝子体

眼球内の大部分を占める無色透明なゲル状のもので、眼球の形を保ち、眼球に加わった
力に抵抗する働きをします。蚊が飛んでいるように見える飛蚊症(ひぶんしょう)は、
硝子体が濁ることによりおこる症状です。

強度近視 関連エントリー

 | 眼の構造について | 
 | 眼のしくみと働き | 
 | 近視とはなにか | 
 | 遠視とはなにか | 
 | 乱視とはなにか |