近視Top >  090視力のメカニズム >  乱視とはなにか

乱視とはなにか

乱視は角膜や水晶体の歪みにより光が網膜に届くまでに乱れてしまうことを言います。
乱視には様々な種類があるのでその種類によって対処の方法も異なります。

乱視は角膜の形の異常によって縦方向と横方向で屈折率の強いところと弱いところが
でてきてしまい、バランスが取れていないといった原因で起きている屈折異常です。


乱視とは、物を見たときに、物が二重以上に重なって見えたり、かすんだりする症状が
みられます。角膜のゆがみが主な原因ですが別の理由のケースもあります。


乱視は近視や遠視と異なり常にピントが合うところがないため異常に目が疲れるのが
特徴といえるかもしれません。


■ 乱視の種類


乱視は、正乱視(角膜カーブの強弱)と不正乱視(角膜表面の凹凸)に分類されます。


○ 正乱視に分類されるものとしては以下の3種類です。


・直乱視・・・屈折力が強い強主経線が垂直方向である。

・倒乱視・・・屈折力が強い強主経線が水平方向である。

・斜乱視・・・屈折力が強い強主経線が斜め(0度または90度以外)の方向である


○ 不正乱視に分類されるものとしては


・不正乱視・・・角膜の表面が凹凸になっている


強度の乱視はかなり肉体的にも精神的にもつらいですが、最近では円柱レンズのほかに
乱視矯正専用のコンタクトレンズで治療することができます。水晶体が原因であるの
乱視はその限りではありません。


■ そのほかの視力阻害要因

・不同視

左右の眼の視力に著しい差がある眼のことを不同視といいます。

不同視は「異種不同視」(右目が近視で左目が遠視など)と「同種不同視」(両目とも
近視であるが右目の視力が0.8、左目が0.03など左右の眼の屈折度に差がある)がある。


・斜視

両眼の視線が正しく見る目標に向かわないものを斜視といいます。眼筋の神経支配の
異常や眼筋そのものの異常、眼筋附着郡の異常などにより斜視になります。


・弱視

裸眼で視力が0.3以下、矯正しても0.4以上の視力が出ない眼を「弱視」と言います。

弱視は、「器質的弱視」(視覚伝導路に回復困難な異常がある)「機能的弱視」(物を
見るという眼の本来の機能が低下しているもの)の2つがあります。

強度近視 関連エントリー

 | 眼の構造について | 
 | 眼のしくみと働き | 
 | 近視とはなにか | 
 | 遠視とはなにか | 
 | 乱視とはなにか |