近視Top >  050強度近視と目の病気 >  緑内障

緑内障

緑内障は緑内障は、眼圧の上昇などが原因で視神経が障害され視野が狭くなる病気です。

緑内障は、自覚症状が初期の段階ではほとんどないため、気づいた時には病気が進行して
しまっていることが多いのが緑内障のやっかいなところです。


視神経の障害はゆっくりと起こります。視野も目の中心をややはずれたところに暗点
(見えない点)がでてきて、徐々にその暗点が広がり視野が欠けてきますが、両目で
視野をカバーしているため、大分、緑内障が進行しているにも関わらず目に異常を感じ
ない人も珍しくありません。


急性緑内障は急激に眼圧が上昇し目の痛みや頭痛、吐き気など激しい症状をおこします。


緑内障は時間が経つほど治りにくくなるので、早期発見が必要になります。緑内障治療
は眼圧を下げるための点眼薬、内服薬、レーザー手術、外科手術によって行われます。


強度近視の人の場合、正常の視力の人と比べ明らかに緑内障の発症率が高いことが
わかっており、強い近視の人の約3%が緑内障を合併するといわれています。


日本においては現在、40歳以上の17人に1人が緑内障にかかっているという結果が
報告されていて、 日本国内で治療中の患者は約30万人潜在患者数は400万人とも
いわれています。


■ 緑内障を予防する手段としては


・糖尿病などの生活習慣病が緑内障の引き金になるので不摂生は厳禁です。

・緑内障は自覚症状がなく、進行に気づかないので、定期的に眼科を受診しましょう。


■ 緑内障を予防すると言われる食品


・ビタミンA   牛レバー、鶏レバー、卵の黄身、うなぎの肝など

・ビタミンB6  にんにく、ひまわりの種、ゴマ、かつお

・ビタミンE   アーモンド、すじこ、植物油、大豆、玄米など

・ビタミンC   アセロラ、モロヘイヤ、柑橘類など

強度近視 関連エントリー

 | 飛蚊症 | 
 | 網膜剥離 | 
 | 緑内障 | 
 | 白内障 | 
 | 黄斑部変性症 |