近視Top >  050強度近視と目の病気 >  網膜剥離

網膜剥離

網膜剥離は眼の網膜がはがれてくるもので、視力や視野が失い、そのまま放置すれば
最悪の場合失明にいたる恐い目の疾患です。

網膜剥離は目の内部にある硝子体に網膜が引っ張られることで、裂け目ができ、その
裂け目が広がり、網膜がはがれると視野が狭くなり、剥離が網膜の中心部(黄斑部)
に及ぶと黒い膜が垂れて視野が狭くなり急激に視力が低下します。


網膜剥離の初期症状として飛蚊症がひどくなったり、視力が低下したりすることがあり、
この段階で見つかると、レーザー治療で裂け目を埋めて治療できますが、網膜がはがれ
てしまうと外科手術が必要になります。


通常40代以上から硝子体の老化が進むため、網膜剥離を発症する確率が高くなります。


網膜剥離を発症しやすい年齢として、20代と50代が挙げられますが、年配の方に
起こる網膜剥離は、後部硝子体剥離によるものがほとんどなのに対して、若い年代で
起こる網膜剥離は強度の近視によるものが多くあります。
 

強度近視の場合は眼球が前後に長く、伸びてしまっているせいで網膜が引っ張られる
ことになり、これが萎縮性の丸い裂孔を生じさせ、網膜剥離の原因となります。


強度近視が原因の網膜剥離は飛蚊症が網膜剥離の前兆としてでてくるので、飛蚊症の
症状がでているもしくは飛蚊症の症状がひどくなった場合は眼科医にいって診断して
もらうようにしましょう。


■ 網膜剥離を予防する手段としては


・高齢者と中程度以上の近視の方は、定期的な眼科検査をおすすめします。

・飛蚊症や光視症を感じたら眼科へ。早期発見、早期治療が網膜剥離を未然に防ぎます。


■ 網膜剥離を予防すると言われる食品


・アントシアニン  ブルーベリー、カシス、赤ワイン、黒豆

強度近視 関連エントリー

 | 飛蚊症 | 
 | 網膜剥離 | 
 | 緑内障 | 
 | 白内障 | 
 | 黄斑部変性症 |