近視Top >  050強度近視と目の病気 >  飛蚊症

飛蚊症

飛蚊症とは目の前を何か虫が飛んでいるように思えたり、糸くずが付いているように
見える目の症状のことをいいます

目の前を虫が飛んでいたり、糸くずがついているように見えてしまうのは目の内部を
満たす透明な硝子体に混濁ができることによっておこります。


飛蚊症は正常な視力の人にも起こりえるもので、明るい空や白い壁などを背景にして
見ると飛蚊症の症状がよく分かります。


飛蚊症には、生理的飛蚊症(生まれつきのもの)後部硝子体剥離(加齢によるもの)
その他(網膜裂孔、硝子体出血、ぶどう膜炎が原因の病的なもの)があります。


生理的飛蚊症と後部硝子体剥離による飛蚊症の場合は治療の必要はありませんが
網膜裂孔や硝子体出血などの病的なものでは、治療が必要になるため、飛蚊症の症状が
出た場合はとりあえず、眼科にいき、診断してもらう必要があります。


強度近視の人や近視の人は比較的若い年齢からこの混濁を見ることが多く、問題がない
ケースがほとんどですがときに網膜剥離を引き起こすことがあるので注意が必要です。


■ 飛蚊症を予防する手段としては


・生活習慣を正す。寝不足や、目の使いすぎといったことに気を配りましょう。


■ 飛蚊症を予防すると言われる食品


・コンドロイチン硫酸 うなぎ 、どじょう 、 魚の煮こごり 、ふかひれなど

強度近視 関連エントリー

 | 飛蚊症 | 
 | 網膜剥離 | 
 | 緑内障 | 
 | 白内障 | 
 | 黄斑部変性症 |