近視Top >  070近視の治療:専門機関 >  近視矯正手術

近視矯正手術

近視や遠視などを治療する方法としてレーザーなどで角膜部分を削り、屈折率を調整を
する近視矯正手術がポピュラーになってきました。

近視の矯正としてはメガネやコンタクトレンズをするというのが、一般的といえますが
メガネは外見的なマイナス印象が強いのでかけたくない、ドライアイやアレルギーなど
体質的な問題でコンタクトレンズが装用ができないという人もいます。


またスポーツ選手や特殊職業につく人は裸眼でよく見える必要があるということで
近視を矯正する方法として近視矯正手術を受ける人が増えています。


視力を矯正手術はメスで治す方式とレーザーで治す方式がありますが、メスを使うもの
としてはRK手術、レーザーを使うものとしてPRK手術、レーシックがあります。


近視矯正手術はレーザーを使う方式が主流であり、そのなかでもレーシックは強度の
近視に対応できることや手術後に視力が変わったときの再手術が容易である、視力改善が
早く痛みもほとんどないなどの理由から人気があります。


実際野球の松坂大輔選手や日産のカルロス・ゴーン氏、ゴルファーのタイガー・ウッズ
などがこのレーシックを受けていることで有名です。


ただし、これらの近視矯正手術は保険が効かないため、片目で10数万〜30万くらいが
相場であること、20才未満の方は視力が不安定なため近視矯正手術が受けられないなど
の条件があります。

強度近視 関連エントリー

 | 点眼治療(調節麻痺剤) | 
 | 近視矯正手術 | 
 | オルソケラトロジー |