近視Top >  070近視の治療:専門機関 >  点眼治療(調節麻痺剤)

点眼治療(調節麻痺剤)

点眼治療は調節麻痺剤(ミドリンM) という点眼薬を用いて眼科医の指導の元行われる
近視の治療方法で、特に仮性近視の段階であれば非常に良い効果をもたらします。

調節麻痺剤を点眼することで、眼の副交感神経をおさえることで瞳を大きく開かせます。
こうすることで目の緊張状態がゆるみ、遠方を見ている状態と同じ状態になります。


調節麻痺剤が効いている間は視界がぼやけた感じになり、近くの物が見にくくなるなど、
日常の生活に多少の影響がでてきますので、夜寝る前に点眼することがほとんどです。


凝り固まった毛様体筋の緊張をほぐす方法としては、遠くを見る望遠訓練もありますが
点眼薬による治療方法は、寝ている間に数時間の望遠訓練をしているのと同等以上の効果
を期待することができます。


点眼治療による視力の回復のには個人差があるので、数度の点眼で近視が改善することも
あれば、長期間にわたる点眼が必要になる場合もあります。


点眼治療は急速に近視が進んだ仮性近視には特に効果的であり、点眼治療を行いながら
眼に悪い生活態度や生活習慣を見直すことで近視が改善されます。


また調節麻痺剤を使っての点眼治療は仮性近視か真性近視を見分ける方法としても
使い道があり、点眼治療を行っても視力が改善されない場合は真性近視となります。

強度近視 関連エントリー

 | 点眼治療(調節麻痺剤) | 
 | 近視矯正手術 | 
 | オルソケラトロジー |