近視Top >  040メガネとコンタクトレンズ >  ソフトコンタクトレンズについて

ソフトコンタクトレンズについて

コンタクトレンズには大別して3種類、ハードコンタクトレンズ、ソフトコンタクト
レンズ、使い捨てのソフトコンタクトレンズがあります。ここではソフトコンタクト
レンズのもつ特徴を簡単に紹介します。

ソフトコンタクトレンズの特徴を箇条書きにしてみます。基本的にはハードコンタクト
レンズと正反対の特徴があります。


■ ソフトコンタクトレンズの長所


1.慣れるのに時間がかからない。

含水率が高く、素材も柔らかくフィット感があるため、初めてでも比較的すぐに
ソフトコンタクトレンズを装用した際の違和感がなくなります。


2.屋外のスポーツに向いている。

多少のゴミが入っても痛くてつけていられないということはなく、レンズがずれたり
外れたりということがないため激しいスポーツをしても問題がない。


■ ソフトコンタクトレンズの短所


1.目に対する安全性が低い。

ソフトコンタクトレンズというものはつけている人はわかりますが、そのレンズが
角膜(黒目)を覆う形状になっているため長時間つけると眼の細胞が酸欠になります。

鏡で自分の眼を見て角膜(黒目)に向かって白目のところに毛細血管が幾筋も出ている
ようであれば眼が酸欠状態であると考えられます。(眼の酸欠をなんとかしようと
血管を延ばして他のところから酸素を供給しようとしている証拠です。)


2.汚れがつきやすい。

ケアが面倒などの原因もありますが、蛋白などの汚れがつきやすく、それに伴う
アレルギーや目の疾患が断トツに多いです。


3.ドライアイには不向き

ドライアイとは、何らかの原因により涙の量が不足し、目が乾いてしまう症状です。
ソフトコンタクトレンズのように角膜を覆うレンズを長時間装着していると角膜の
知覚が鈍くなり、涙の分泌が減少します。


■ ソフトコンタクトレンズ選びのポイント


特別な理由がない限り、ソフトコンタクトレンズを装着するのはおすすめしません。
簡単にソフトコンタクトレンズを処方する量販店や眼科には注意が必要です。

トラブルが起こりやすいレンズなので、定期検診をきちんと受けることが重要です。

強度近視 関連エントリー

 | 視力の矯正:メガネの場合 | 
 | 視力の矯正:コンタクトレンズの場合 | 
 | 近視の進行とメガネ・コンタクトレンズ | 
 | ハードコンタクトレンズについて | 
 | ソフトコンタクトレンズについて | 
 | 使い捨てコンタクトレンズについて | 
 | カラーコンタクトレンズについて | 
 | コンタクトレンズの正しい使い方 | 
 | コンタクトレンズの間違った使い方 | 
 | コンタクトレンズQ&A |