近視Top >  010レーシックについて >  レーシックに適した人はこんな人!

レーシックに適した人はこんな人!

レーシックにはメリット・デメリットがあること、そしてその効果には個人差がある
と述べましたが、同様にこんな人はレーシックを受けた方がよいという場合もあります。

レーシックはただ視力がよくなるだけでなく、それにより生活の質も高めてくれるもの
ですので、裸眼で生活できることによって大きな恩恵を受けられるというのがわかって
いる人はレーシックという選択肢は非常に魅力的なはずです。


それではレーシックに適した人をこんな人というのをあげていきましょう。

(どんなにレーシックを望んだとしてもさまざまな理由からレーシックの手術に不適応
と判断されることがありますので十分注意してください。)


○ メガネやコンタクトレンズがとにかくわずらわしい場合

メガネは外見上の印象がよくないし、コンタクトレンズは眼に異物が入っている
あの違和感と使用後のケアがなにより面倒くさいという方はレーシックにしてみては?


○ 20歳以上で、ここ2年間は視力が安定している場合

視力が不安定な場合、レーシックをしてもその後また近視が戻るということも考えられ
ますので、ある程度視力が安定してメガネ・コンタクトレンズから解放されたい場合。


○ 左右の視力が大きく異なるうえ、コンタクトレンズには拒否反応が出る方

左右の視力が異なる場合はコンタクトレンズを使う事が多いのですが、だからといって
みんながみんなコンタクトレンズを快適に装用できるとはかぎりません。

○ 地震などの災害時やもしものときにメガネ・コンタクトレンズでは不安な方

一秒を争うほど緊迫した状況に巻き込まれないとも限りません。そんなときにメガネを
探していたり、コンタクトレンズをはめるような時間はありません。


○ ドライアイだがコンタクトレンズをつけている方

ただでさえドライアイで眼が乾いているのに外見上の印象を気にしてコンタクトレンズを
装用して、さらに眼に負担をかけつらそうにしている人がいます。

ドライアイやアレルギーの症状を我慢してコンタクトレンズし続けると、角膜を傷つけて
合併症を引き起こす可能性があるのでレーシックを受けるほうがよいでしょう。


○ マリンスポーツを楽しみたい方

野外でのスポーツはコンタクトレンズでも間に合う事が多いですが、マリンスポーツに
関してはそうはいきません。サーフィンやスキューバダイビング、水泳などを思い切り
楽しみたい人にはレーシックはとても適しています。


○ ある程度の視力が求められる職業に就きたいが今の視力では無理だという方

最初に申し上げると、パイロットはメガネ・コンタクトレンズでの視力矯正は認められて
いますが、レーシックをはじめとする視力矯正手術での矯正視力は認められていません。

ただし、アメリカのパイロットはレーシックの矯正視力も認められているので今後は
日本もどうなるかはわからないのが実情です。

同様にボクシング・K1選手などの格闘技に関連する職業や、電車やバスの運転手など、
手術後の一時的な症状が業務遂行の致命的な妨げになる職業の方は、レーシックの手術
を受けることはできません。


○ 就業条件に視力制限がある職業(レーシックによる矯正は認められています。)

・自動車免許

大型免許、第2種免許・・・両眼で0.8以上かつ、一眼それぞれ0.5以上

上記以外・・・両眼で0.7以上かつ、一眼で0.3以上、また一眼が0.3に満たない者、
       もしくは一眼が見えない者は、他眼が視野150°以上で0.7以上


・公務員

消防士・・・両眼とも1.0以上(矯正視力の場合は、裸眼視力0.1以上)

警察官・・・両眼0.6以上(矯正視力1.0以上)

自衛隊・・・両眼0.6以上(ただし飛行要員はレーシックは認められません)


・その他の職業

看護師・・・両眼1.0以上(看護師の場合そんなに厳しくありません。)

船舶操縦士・・・両眼0.6以上、他眼の視野が左右150度以上

客室乗務員・・・矯正視力1.0以上(メガネは不可)


・レーシックは18歳未満には不適応ですが、養成期間入学のため以下の職業希望者
 には特例がでることがあります。  

競馬騎手・・・両眼0.8以上

競艇・・・両眼0.8以上

オートレース・・・両眼0.6以上で色盲・色弱でない者

強度近視 関連エントリー

 | レーシックとは何か? | 
 | レーシック誕生のきっかけ | 
 | レーシックで得られるメリット | 
 | レーシックに伴うデメリットとリスク | 
 | レーシックに適した人はこんな人! | 
 | レーシックに適さない人はこんな人! | 
 | レーシックの手術はどのように行われるか? | 
 | レーシックの(費用対効果)コストパフォーマンス | 
 | レーシックの海外事情 | 
 | レーシック:手術給付金と医療費控除 | 
 | レーシックとは何か? | 
 | レーシック誕生のきっかけ | 
 | レーシックで得られるメリット | 
 | レーシックに伴うデメリットとリスク | 
 | レーシックに適した人はこんな人! | 
 | レーシックに適さない人はこんな人! | 
 | レーシックの手術はどのように行われるか? | 
 | レーシックの(費用対効果)コストパフォーマンス | 
 | レーシックの海外事情 | 
 | レーシック:手術給付金と医療費控除 |