近視Top >  010レーシックについて >  レーシックに伴うデメリットとリスク

レーシックに伴うデメリットとリスク

レーシックをすることで何もよいことばかりがあるわけではなく、光あるところに
影があるようにデメリットを含めたレーシックのリスクもあるわけです。

レーシックのリスクをあげるとまず、もう後戻りはできないということです。
勘違いが恐いので述べておきますが、レーシックは視力の矯正であって視力の回復
ではないということです。


眼球の構造として近視(または遠視・乱視)になっているものをレーザーによって
強制的に屈折変えただけですので、根本的な視力を出す仕組みは悪いままです。


レーシックで削った角膜は二度と元にもどることはありません。仮に数年後レーシック
を上回るそれこそ真の視力回復法という治療法が開発されたときにレーシックを受けて
角膜の形を変えてしまった場合は適応外ということになるかもしれません。


同じようにレーシックに関しては長期的なデータがないために何十年後になって
重大な障害やトラブルが発生することもないとは限りません。このような事態に
なってからレーシックをする前の状態に眼を戻すなどということはできませんので
十分それらを理解してからレーシックの手術をうけるかどうか決める必要があります。


そのほかレーシックに関するリスクとして、思ったほど視力が出ないということが
あります。メガネやコンタクトレンズで強制した視力ぐらいはレーシックによって
も出せるというのが通説ですが、レーシックにも適正があるのか、どの程度まで
視力が回復するかは個人差があるうえ、視力が出てもその見え方(色のコントラスト、
夜間における視力など)に影響がでることがあります。


レーシック前には気にすることがなかったドライアイや感染症にやたらと敏感に
なるのもレーシックのデメリットとして当てはまるかもしれません。


レーシックのメリット・デメリットは秤にかけ、納得したうえでレーシックの手術
を受けられる事をおすすめします。

強度近視 関連エントリー

 | レーシックとは何か? | 
 | レーシック誕生のきっかけ | 
 | レーシックで得られるメリット | 
 | レーシックに伴うデメリットとリスク | 
 | レーシックに適した人はこんな人! | 
 | レーシックに適さない人はこんな人! | 
 | レーシックの手術はどのように行われるか? | 
 | レーシックの(費用対効果)コストパフォーマンス | 
 | レーシックの海外事情 | 
 | レーシック:手術給付金と医療費控除 |