近視Top >  040メガネとコンタクトレンズ >  ハードコンタクトレンズについて

ハードコンタクトレンズについて

コンタクトレンズは大きく分けて、ハードコンタクトレンズ、ソフトコンタクトレンズ、
使い捨てのソフトコンタクトレンズがあります。ここではハードコンタクトレンズのもつ
特徴を簡単に紹介します。

ハードコンタクトレンズの特徴を箇条書きにしてみます。


■ ハードコンタクトレンズの長所


1.3種類あるコンタクトレンズの中で、目に対する安全性が最も高いということ。

「酸素透過性」という言葉はご存知でしょうか。視力に大いに影響する角膜という部分
には血管がないため、角膜の細胞は空気中の酸素を涙を通して摂取しています。


コンタクトレンズをするということはつまり角膜の細胞と空気の間に蓋をするという
ことになるので、長時間コンタクトレンズをするということは眼の細胞を酸欠状態に
するということになります。


この点、ハードコンタクトレンズはレンズ自体の素材が酸素の透過性に優れていることに
加え、レンズの直径が小さく、まばたきのたびにレンズが動くため、眼の表面を覆う涙の
層がかき混ぜられて眼の細胞に酸素が行き渡りやすいということが挙げられます。


2.乱視の矯正には効果抜群であること

乱視の強い人、円錐角膜などの不規則な乱視においても優れた乱視矯正効果があります。


■ ハードコンタクトレンズの短所


1.慣れるのに時間がかかる

ソフトコンタクトレンズ(使い捨て含)に比べ慣れるまでに時間がかかります。


2.野外での活動にはとても不便

目にゴミが入るとハードコンタクトレンズの場合は痛くて入れていられません。
風の強い日などは眼にゴミが入りやすく屋外のスポーツなどには不向きです。


■ ハードコンタクトレンズ選びのポイント

酸素透過性の極端に高いタイプは、素材自体がもろい恐れがあります。当然蛋白などの
汚れが付着しやすくため、耐用年数が短く、アレルギーの原因ともなりますので注意を。


ハードコンタクトレンズのみならずコンタクトレンズすべてにいえることは量販店では
なく眼科でコンタクトレンズを処方してもらうことと定期検診を欠かさず行うことです。

強度近視 関連エントリー

 | 視力の矯正:メガネの場合 | 
 | 視力の矯正:コンタクトレンズの場合 | 
 | 近視の進行とメガネ・コンタクトレンズ | 
 | ハードコンタクトレンズについて | 
 | ソフトコンタクトレンズについて | 
 | 使い捨てコンタクトレンズについて | 
 | カラーコンタクトレンズについて | 
 | コンタクトレンズの正しい使い方 | 
 | コンタクトレンズの間違った使い方 | 
 | コンタクトレンズQ&A |