近視Top >  010レーシックについて >  レーシックとは何か?

レーシックとは何か?

レーシックはメガネ・コンタクトレンズに続く第3の視力矯正の手段として注目されて
いる最先端の医療技術で、世間に浸透しつつあり、レーシック人口も増えています。

レーシックとは、『Laser in Situ Keratomileusis』の略式であり、それぞれの頭文字
を取ってLASIKと読んでいます。


Keratosはギリシャ語で「角膜」、同様にMileusisは「修正する」という意味を含み、
LASIKとは、『レーザーで角膜を修正する』という意味になります。


日本は世界一近視の人口が多いといわれる近視大国であり、2人に1人が近視であると
いわれているほど視力に問題を抱えている人がいます。


従来は視力の矯正はメガネやコンタクトレンズでまかなうというのが一般的でしたが、
裸眼にまさる喜びはないとしてレーシックを視力矯正の方法として選択する人が年々
増えているのが現状です。


レーシックは専門のクリニックで外科的な手術を行うことになりますが、手術時間は
両眼でおよそ15〜20分程度であり、手術中はもちろん、手術後もほとんど無痛である
こと、入院は不要であり、術後すぐに視力回復の効果が現れるなど、驚くほかない
内容になっています。


アメリカでは年間100万人が受けるほどレーシックは一般的な視力矯正方法としての
地位が確立されており、ゴルフで有名なタイガー・ウッズや俳優のブラッド・ピット
その他多くの著名人やスポーツ選手がレーシックの手術を受けています。


視力が悪いということは生きていくうえで非常に損をする機会が多いものだと思います。
人生をより楽しく、そして快適に過ごし生活の質を向上させることを可能にする手段と
してレーシックは多くの人に支持されています。

強度近視 関連エントリー

 | レーシックとは何か? | 
 | レーシック誕生のきっかけ | 
 | レーシックで得られるメリット | 
 | レーシックに伴うデメリットとリスク | 
 | レーシックに適した人はこんな人! | 
 | レーシックに適さない人はこんな人! | 
 | レーシックの手術はどのように行われるか? | 
 | レーシックの(費用対効果)コストパフォーマンス | 
 | レーシックの海外事情 | 
 | レーシック:手術給付金と医療費控除 |