近視Top >  030レーシック手術の手順 >  レーシック手術後6ヶ月〜の検診

レーシック手術後6ヶ月〜の検診

レーシックの手術から半年もたつと視力はほぼ安定して、見え方に関しても落ち着いて
いるはずですが、逆に手術から時間が経って問題が明らかになることもあります。

レーシックは術後の6ヶ月検診が終わると異常がなければあとは1年ごとの定期検診と
なります。クリニックごとに異なりますが、術後一定の期間であれば定期検診は無料、
また、視力が落ちてしまった場合の再手術も無料で行えるところがあります。


しかし、時間が経つにつれ、裸眼で生活していることが当たり前になり、定期検診に行く
ことが億劫になってくるのも事実です。


大丈夫だろうという自分には問題がないと思う気持ちはわかりますが、必ず定期検診は
いくようにしてください。


レーシックで視力は回復したとはいえ、近視のままの眼球構造であることは変わりなく
当然手術前は中度・強度の近視であった人は網膜剥離や緑内障といった眼病にかかる
確率は高いので定期検査を受け続けることで合併症の早期発見につながります。


同様のことがレーシックのリスクでもあるレーシック利用者のの長期的なデータがない
ということにもつながります。


まだまだレーシックは歴史が浅いため、レーシックの手術を受けてから20年、30年
経ってから影響がでるのか、でないのかといったことがわかりません。


不安にさせるようですが、「こんなことになるなんて!」という可能性の芽がレーシック
には潜んでいるかもしれないわけです。そういったまさかの事態にも備えるためにも
レーシック手術後の定期検診はとても重要なものになります。


強度近視 関連エントリー

 | レーシックに関する情報を集める | 
 | レーシックの適応検査を受ける | 
 | レーシック手術前の直前検査 | 
 | レーシック手術当日 | 
 | レーシック手術当日2 | 
 | レーシック手術翌日の診察 | 
 | レーシック術後1週間検診 | 
 | レーシック術後1ヶ月検診 | 
 | レーシック術後3ヶ月検診 | 
 | レーシック手術後6ヶ月〜の検診 |