近視Top >  030レーシック手術の手順 >  レーシック術後3ヶ月検診

レーシック術後3ヶ月検診

レーシックの手術後3ヶ月もすれば、今までメガネやコンタクトレンズをしていたこと
さえ忘れて、毎日裸眼で過ごせる喜びを感じていることだろうと思います。

レーシックの手術後3ヶ月もたてばレーシックの手術で傷ついた傷口も完治している
はずですので、今現在見えている状況が視力の最高値であると思われます。


3ヶ月検診もいつもの検診と変わらず、屈折度数の測、眼圧検査、視力検査を行います。


このレーシックの手術後3ヶ月の検診でたとえば、


・目標視力に届かなかった

・近視は矯正されたが乱視は変わらない

・左右の眼で見え方が違う

・近くに焦点が合いにくい


など問題が明らかになることがあります。これらの問題が発生した場合、気にならない
ようなレベルであればそのままの状態で生活してもらうという形をとるのが一般的
ですが、酷く気になるようなレベルの症状であれば再手術をすることもできます。


「話がちがうじゃないか」と怒り出す人もごく稀にいるようですが、手術前に術後に
考えられる効果の違いや副作用、合併症へのリスクに対しての説明をうけ、サインも
していると思うので、怒ったところで残念ですが意味はありません。


全てのリスクを覚悟したうえでレーシックの手術を受けたのですから、よほどのことが
ないかぎり、すべて自己責任となることを覚えておいてください。

強度近視 関連エントリー

 | レーシックに関する情報を集める | 
 | レーシックの適応検査を受ける | 
 | レーシック手術前の直前検査 | 
 | レーシック手術当日 | 
 | レーシック手術当日2 | 
 | レーシック手術翌日の診察 | 
 | レーシック術後1週間検診 | 
 | レーシック術後1ヶ月検診 | 
 | レーシック術後3ヶ月検診 | 
 | レーシック手術後6ヶ月〜の検診 |