近視Top >  030レーシック手術の手順 >  レーシック術後1ヶ月検診

レーシック術後1ヶ月検診

レーシックの術後1ヶ月ともなると視力の方は十分に出ていることかと思います。

レーシックの術後1ヶ月まではフラップがしっかり密着するまでの大切な期間となって
いるはずで、医師からも眼に負担がかかるような激しい運動や夜間の車・バイクなどの
運転は控えるよういわれているはずですが、これらの制限からもいよいよ解放されます。


1ヶ月検診も、 屈折度数の測定、眼圧の測定、視力検査をひと通り行って異常がない
かどうかを調べていきます。


この頃にはレーシックの術後に見られた合併症である、ドライアイや眼の異物感という
ものは大概無くなっていることと思いますので目薬を差す機会も減っているはずです。


ただし、人によってはまだまだ眼に違和感があったり、見え方に不安があることも
ありますが、レーシックによってできた傷口は術後1ヶ月ではまだ完全には治っては
いないので、具体的な今後の指針、治療法の判断は次回(3ヵ月後検診)に持ち越され
ことになるはずです。


眼にでている症状や問診の結果によって目薬が処方されてレーシックの術後1ヶ月の
検診は終了となります。

強度近視 関連エントリー

 | レーシックに関する情報を集める | 
 | レーシックの適応検査を受ける | 
 | レーシック手術前の直前検査 | 
 | レーシック手術当日 | 
 | レーシック手術当日2 | 
 | レーシック手術翌日の診察 | 
 | レーシック術後1週間検診 | 
 | レーシック術後1ヶ月検診 | 
 | レーシック術後3ヶ月検診 | 
 | レーシック手術後6ヶ月〜の検診 |