近視Top >  030レーシック手術の手順 >  レーシック術後1週間検診

レーシック術後1週間検診

レーシックの手術後は定期的に検診を受けなければなりません。大体どのクリニック
も術後1週間、1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、1年に検診を設けています。

レーシックをしてから1週間もすると手術直後は思ったほどの視力が出なかった人も
大分視力が出るようになり、視界もクリアになっていると思います。


順調に視力を挙げていくためにもレーシックの手術後に医師にいわれてたことは守り
ましょう。特に眼の保護メガネや就寝時の保護マスク、点眼は欠かせません。


特に目薬は、感染を予防するもの、炎症を予防するもの、ドライアイを防ぐもの、
目の乾燥を防ぐものと種類があり、一日に点眼する回数も指定されていると思うので
指示通りに必ず点眼します。


レーシック術後1週間検診では気になるところはないか問診を行ったうえで


・屈折度数の測定 ・眼圧の測定 ・視力検査


を行い、数値として視力の状況を捉えます。もしこの検査のなかで問題があるようで
あれば、それに対処するための目薬や日常生活のアドバイスを受けます。


最後に1ヵ月後の検診の予約をすませてレーシック術後1週間検診は終了となります。

強度近視 関連エントリー

 | レーシックに関する情報を集める | 
 | レーシックの適応検査を受ける | 
 | レーシック手術前の直前検査 | 
 | レーシック手術当日 | 
 | レーシック手術当日2 | 
 | レーシック手術翌日の診察 | 
 | レーシック術後1週間検診 | 
 | レーシック術後1ヶ月検診 | 
 | レーシック術後3ヶ月検診 | 
 | レーシック手術後6ヶ月〜の検診 |