近視Top >  030レーシック手術の手順 >  レーシック手術当日2

レーシック手術当日2

レーシックの手術に対しての最終確認を行い、書面に同意したサインをした後は、
待合室に待機してあとは自分の名前が呼ばれるのを待つだけです。

待合室ではクリニックのスタッフから緊張を緩和するために精神安定剤入りのお茶を
もらうこともあります。手術の準備としては手術用の手術着を着て、靴にカバーをかけ、
頭にシャワーキャップをかぶります。


その後クリニックスタッフに手術中の注意点等の説明を受け、麻酔薬を点眼します。


名前を呼ばれ、手術室に入って手術台に横になるとクリックのスタッフからもう一度
手術中の注意事項を何点かいわれます。


・頭の位置をずらさないこと 
・手術中は緑色のライトをに視線を合わせ逸らさないこと
・術中はレーザー音やレーザーで焼けるニオイがすること 
・まばたきはしてもよいこと


その後、開瞼器を使って眼を開き、麻酔が効いていることを確認して手術が行われます。
眼には、乾燥を防ぐため涙がわりの目薬が差されます。同時に洗浄・消毒も行います。


手術自体は15〜20分で終わるので、その後は待合室に戻って30〜40分程度眼を
落ち着かせます。手術後が一番眼がしみたり、痛みがでやすいので安静にしておきます。


レーシック手術当日は最後に医師の診察を受け、フラップがしっかりと形成されているか
目に残留物、不純物が残っていないかを確認します。


異常が見当たらなければ保護用のマスクと目薬をもらって終了となります。

強度近視 関連エントリー

 | レーシックに関する情報を集める | 
 | レーシックの適応検査を受ける | 
 | レーシック手術前の直前検査 | 
 | レーシック手術当日 | 
 | レーシック手術当日2 | 
 | レーシック手術翌日の診察 | 
 | レーシック術後1週間検診 | 
 | レーシック術後1ヶ月検診 | 
 | レーシック術後3ヶ月検診 | 
 | レーシック手術後6ヶ月〜の検診 |