近視Top >  030レーシック手術の手順 >  レーシック手術前の直前検査

レーシック手術前の直前検査

レーシックの適応検査でGOサインが出た場合も手術の直前に再び検査を行います。
念入りに検査を行うことで未然にトラブルを防ぐという意味があります。

直前検査はレーシックの手術の前日に行うところや手術の当日に行うところもあります。


手術後は洗顔やシャワーも制限されるため、手術前日には体をきれいにしておくのを
忘れないようにします。女性の場合は手術の2日前から化粧なども禁止されますので、
色んな意味で辛いかもしれません(笑)


レーシックの直前検査は比較的簡単なもので角膜形状測定と視力測定を行います。


直前検査でも問題が見つからなければ、いよいよ施術にはいることになります。


適応検査の際に眼科医や専門のカウンセラーによるカウンセリングがおこなわれている
と思いますが、不安がまだあるようであれば、レーシックについての方法やリスクや
安全性、視力回復の見通しなどの説明を受けるようにしてください。


特にレーシックの術後の合併症については、対処方法も含めてよく聞いておきましょう。

強度近視 関連エントリー

 | レーシックに関する情報を集める | 
 | レーシックの適応検査を受ける | 
 | レーシック手術前の直前検査 | 
 | レーシック手術当日 | 
 | レーシック手術当日2 | 
 | レーシック手術翌日の診察 | 
 | レーシック術後1週間検診 | 
 | レーシック術後1ヶ月検診 | 
 | レーシック術後3ヶ月検診 | 
 | レーシック手術後6ヶ月〜の検診 |