近視Top >  040メガネとコンタクトレンズ >  近視の進行とメガネ・コンタクトレンズ

近視の進行とメガネ・コンタクトレンズ

メガネやコンタクトレンズを装用するということはつまり、「物を見る」ということに
対して松葉杖(補助)がなければならないことを意味します。

メガネやコンタクトへの依存はさらなるメガネやコンタクトへの依存を招きます。


まず、最初にコンタクトレンズは近視を進行させます。強度近視の人の場合はメガネが
分厚くなってしまうことやその他の理由でメガネではなくコンタクトレンズにしている
方が多いかと思いますが、そのせいでさらに近視が進行してしまいます。


人間の目は構造上遠くを見るときは毛様体筋が緩くなり、水晶体が薄くなります。
それに対して近くを見るときは毛様体筋が緊張して水晶体が厚くなるという動きを
しますが、コンタクトレンズを装用すると、遠近に焦点を合わすというこの毛様体筋の
動きがまるでなくなり、常に目が緊張している状況になるため、さらに近視が進行する
という結果になるのです。


視力を維持したい、もしくは視力を回復させたいのであればコンタクトレンズは
百害あって一利なしということをご存知でしたか?


もちろんコンタクトレンズがなくては日常生活に支障がでるという方もいらっしゃると
思いますが、目のことを考えるのであればまずはメガネに変えることをおすすめします。


メガネがどうしてもいやだという場合はできるだけコンタクトレンズを装用している
時間を減らし、裸眼で「見る」感覚を思い出す必要があります。


裸眼もしくはメガネ(度の弱いもの)をかけ、何とか見える程度の文字や対象物を見よう
とすることで脳が再び「見る」という行為に対して活性化してくるわけです。

強度近視 関連エントリー

 | 視力の矯正:メガネの場合 | 
 | 視力の矯正:コンタクトレンズの場合 | 
 | 近視の進行とメガネ・コンタクトレンズ | 
 | ハードコンタクトレンズについて | 
 | ソフトコンタクトレンズについて | 
 | 使い捨てコンタクトレンズについて | 
 | カラーコンタクトレンズについて | 
 | コンタクトレンズの正しい使い方 | 
 | コンタクトレンズの間違った使い方 | 
 | コンタクトレンズQ&A |