近視Top >  040メガネとコンタクトレンズ >  視力の矯正:コンタクトレンズの場合

視力の矯正:コンタクトレンズの場合

メガネにはダサいというイメージがある、スポーツをするうえでどうしてもメガネでは
不便という方はコンタクトレンズで視力を矯正するのが一般的です。

強度近視を矯正する場合もメガネではレンズがかなり厚くなってしまい、牛乳瓶のような
メガネになってしまうことが多々あります。


これを避けるためにメガネのレンズ自体を薄く軽くすることもできることはできますが、
メガネのレンズ越しに見える眼が小さくなってしまうというお笑いの種が生まれてしまう
ために外見の印象はとても悪くなってしまいます。


これらメガネが持つ問題を解決するための医療機器としてコンタクトレンズがあります。
コンタクトレンズのアイデアは古く、モナリザの絵で有名なレオナルド・ダ・ヴィンチが
発案したといわれています。


そんなことはどうでもいいんですが現在約10人に1人がコンタクトレンズを使用して
いるともいわれます。


初期のコンタクトレンズはガラス製であり、眼にいれるものとしては非常に危険きわまり
ないものでしたが、技術の進歩でプラスチック製となりハードコンタクトレンズ、ソフト
コンタクトレンズと改良されてきました。


安全面での問題もある程度クリアしてコンタクトレンズは視力矯正には欠かせない存在と
なっていますが、アレルギーなどの体質的な問題や眼球にレンズを入れるということに
対する抵抗感、ドライアイや近視の進行を進めるといったデメリットがコンタクトレンズ
にはあることを忘れてはいけません。

強度近視 関連エントリー

 | 視力の矯正:メガネの場合 | 
 | 視力の矯正:コンタクトレンズの場合 | 
 | 近視の進行とメガネ・コンタクトレンズ | 
 | ハードコンタクトレンズについて | 
 | ソフトコンタクトレンズについて | 
 | 使い捨てコンタクトレンズについて | 
 | カラーコンタクトレンズについて | 
 | コンタクトレンズの正しい使い方 | 
 | コンタクトレンズの間違った使い方 | 
 | コンタクトレンズQ&A |