近視Top >  040メガネとコンタクトレンズ >  視力の矯正:メガネの場合

視力の矯正:メガネの場合

視力の矯正として、昔から一般的なものにメガネがあります。日本人の場合、視力が
落ちてまず考えるのがメガネをかけるという選択肢だと思います。

メガネというと一昔前は黒ぶちのメガネしかなく、メガネをかけていることは、すなわち
「ガリ勉」というイメージになってしまうというのが避けられない問題でした。


しかしは最近は「メガネ=ダサい」というイメージを打ち消すかのごとく、縁無しの
メガネや軽く、レンズの薄いものなどデザイン的に優れたデザイナーメガネも登場して
メガネをファッションの一部として捉えることもでてきました。


デザイナーメガネの登場で「メガネ=ダサい」というイメージは大分薄らいできましたが
メガネ自体の構造による不便さがなくなるわけではありません。


具体的にメガネの短所をいくつか挙げると。。。。


・視野が狭くなる

・接触プレーを伴うスポーツをするうえで危険が伴う

・湯気でメガネが曇る


といったものがあります。他にもあげればまだまだ出てくるでしょう。また男女ともに
メガネによる外見の印象を気にする人がいまだ多いののも事実です。

強度近視 関連エントリー

 | 視力の矯正:メガネの場合 | 
 | 視力の矯正:コンタクトレンズの場合 | 
 | 近視の進行とメガネ・コンタクトレンズ | 
 | ハードコンタクトレンズについて | 
 | ソフトコンタクトレンズについて | 
 | 使い捨てコンタクトレンズについて | 
 | カラーコンタクトレンズについて | 
 | コンタクトレンズの正しい使い方 | 
 | コンタクトレンズの間違った使い方 | 
 | コンタクトレンズQ&A |